「幸せになるには?」

 

「幸せとは?」

 

 

 

誰もが一度は
このような哲学的なことを
考えたことがあると思います。

 

 

 

幸せとは
人それぞれだから

 

ほとんどの人はそう答えるので
いまいちピンと来ることが無いでしょう。

 

 

 

 

さんざん自分探しの旅に出てみたり
ひたすら哲学書や世界中の経典を読み漁ったり
はしたけれど

 

結局何一つ、答えが無いまま
今に至ることが多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

幸せになるには?

 

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

 

幸せを感じる時は「無駄なことをしている時」

 

 

 

人が幸せに感じる時は
一言で言うと

 

無駄なこと

 

です。

 

 

 

 

 

 

例えば

 

 

は、もともと人が
雨風をしのぎ、寝どころを確保するために
あります。

 

 

家が1坪でも広ければ広いほど
人は心地よく感じ、
窓から見える景色が良いほど
住まいに対して幸せに感じます。

 

 

余分な広さや景色は
つきつめれば無駄でしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

食事は、もともと
人が生きていくための
栄養を取るため
にあります。

 

 

 

 

けれども
出される食事が豪華であればあるほど甘味で
美味しく感じ、

 

高級なレストランで出されるような
盛り付が豊かであればあるほど
食事に対して幸せに感じます。

 

 

食事の盛り付けも
つきつめれば無駄でしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車や飛行機も
もともとは目的地に移動するための
乗り物です。

 

 

けれども
グリーンシートやファーストクラスなど
座れるスペースが広く
快適であればあるほど
人は幸せに感じます。

 

 

目的地に到着するだけで良いのに
移動に対して、居心地の良いサービスは
つきつめれば無駄でしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

人が幸せに感じるサービスの多くが
つきつめると

 

「無駄」に対してお金を払っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

時間の使い方も
人は無駄なことをしている時間
幸せに感じます。

 

 

 

何か生産的なことをしている訳でも無く
勉強のために、何かしている訳でも無く

 

無意味な時間を過ごしている時
人は幸せに感じることが
多いのです。

 

 

 

 

 

会社に勤めている人ならば

 

休みが多ければ多いほど
幸せに感じます。

 

お給料が良ければ良いほど
幸せに感じます。

 

 

 

 

なぜなら、
それだけ多く、自分の時間を過ごせます。

 

普段の住まい、食事、生活の質を
お金で上げることが出来ると
考えている人が多いからです。

 

 

 

 

 

 

 

もっともっと無駄を増やせば
さらに幸せを得られると信じているから

 

無駄が得られる
時間とお金を増やすために
一生懸命、勉強したり、働いたりするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの人は
「無駄」に対して
幸せを感じる

 

 

これを知っておくと
経営者の方は

 

提供する商品、サービスのアイデアが
思いつくのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

次は、もっとハードルを上げて

 

「幸せを感じる方法」

 

をご説明します。

 

 

 

 

 

フワフワと抽象度が高い
話になりますので

 

わからない人、
納得できない人が居ても
問題ありません。

 

 

 

 

 

幸せを感じる方法

 

 

 

 

多くの人が持っている
幸せとは

 

「お金持ち」
「多くの人にチヤホヤされること」
「自分が最も価値のある人材だと認められた時」

 

を想像するでしょう。

 

 

 

 

その幸せを得るために
一生懸命、勉強をしたり働いたりする
ことが多いでしょう。

 

 

 

 

 

しかし
目指していた目標、願望が達成されたとき

 

幸せに感じる状態は
一瞬で過ぎてしまいます

 

 

 

 

ある人は

 

「自分はこんなもののために
頑張っていたのか?」

 

「求めていたものと違った…」

 

「本当に得たいものとは
違っていた…」

 

 

 

などと急激に冷めてしまったり
無力感に襲われます。

 

しばらくやる気のしない状態が
続くのです。

 

 

 

 

 

得たモノが
表面的な
「お金、地位、人脈、家族、名誉…」

 

だとしたら
今度はそれらを失う怖さのあまり
何も行動できなくなってしまう人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

定年退職をして
燃え尽き症候群のようになってしまった人

 

 

やっと手に入れた肩書や地位に
固執しようとする人

 

 

過去の武勇伝や評価を
永遠と自慢する人

 

 

 

そんな人が典型的な例だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「良い大学に入れば、評価されるはずだった…」

 

「大企業に入れば、将来安泰のはずだった…」

 

「お金持ちになれば、幸せを感じれると思った…」

 

 

 

 

 

現代では特に
時代の流れが速く、

 

正しいとされてきた価値観
コロコロ変わってしまうので

 

このように感じる方が
非常に多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校教育では

 

「これをすれば間違いない」

 

という絶対的に正しかのような価値観を
植え付けられてきたので当然です。

 

 

 

メディア、テレビ、雑誌では
1つでも商品、サービスを
売ろうとしているので
幸せが外にあると思いがちです

 

 

 

 

 

 

幸せとは

 

周りの外から与えられるものでは無く
自分の内面から感じるもの
だからです

 

 

 

 

 

普段、
何気なく道端に咲く花を見て
幸せに感じられる人」と
なんとも思わない人」の違いは

 

幸せを外に求めているか
内面から湧き出ている情動

 

感じるかどうかです。

 

 

 

 

 

幸せを外に求めている人

 

もし、道端に咲く花に
お店の商品とは変わらない値札
貼ってあったならば
幸せに感じることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道端に咲く花の例えは

 

芸術の世界が特に
近いことを言っているかも
しれません。

 

 

 

 

音楽、絵、誌、言葉、文章

 

どれも同じものを見ても
捉え方は人それぞれ意味が
違ってきます。

 

 

 

「何も感じないという人」

 

「ただ心地よく感じる人」

 

「思考を巡らせる人」

 

「言葉では表せない情動を
沸かせる人」

 

 

 

それぞれです。

 

 

 

もちろん
どの人が優れていて、劣っているという
次元の話では無いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少々、話が逸れました。

 

 

 

 

内面から幸せに感じる
一番の近道は

 

瞑想です。

 

 

一人、静かな場所で
目をつぶり、
思考を無にする。

 

 

 

 

瞑想と聞くと
スピリチュアル的で
抵抗を感じる方もいらっしゃるかも
しれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

内面から幸せに感じるには

 

 

外からの情報や洗脳を
シャットアウトしなければなりません。

 

今、自分が
「正しいと思っていること」を
脇に置かなければなりません。

 

 

 

そのために
思考を自分の内面に集中させる
必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

自分の内面に集中し、
自分が求めている答えを知る
近道です。

 

 

 

 

 

 

普通に過ごしていると
どうしても周りの情報に
かき消されてしまいます

 

 

外にあるものはすべて
自分以外の他人が考えた
既存の結果でしかありません。

 

 

 

 

 

 

自分の内面から発せられる答えは
この地球上に74億人の人間が居れば
74億通りの答えがあります。

 

 

自分の内面は
自分でしか見つけることは
できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、
答えに氣づけたならば
そのために行動していけたならば

 

毎日の行動は幸せに
近づくことが出来ます。

 

 

 

 

この手法は
数千年前から変わりません。

 

どの国でも共通の考え方です。

 

 

 

 

 

 

今回もここまでお読みくださり
ありがとうございました。

トップへ戻る